2009年03月02日

ブースナンバーは「F−018」

2009年第1回目のブログ更新が、GEISAI#12の1週間前になろうとは思いもしませんでした。

なんという怠惰。
こんなことはでは成すものも成らない。
しかし、モチベーションの持続が難しくて困っています。

年始早々、ハードディスクの破損。
今まで撮りためてきた写真、作品のデータ、作品そのもの、
jpg、イラレ、フォトショップ、そのほとんどが復旧の見込みありません。
おそらく、もう帰ってきません。
っと、みっともない言い分けになりますが、作業の予定が大幅に狂いました。

でも、GEISAI行きます!

そこに何があるのか知りませんが・・。

とりあえず気軽に声かけてください。

******************************************************
GEISAI#12

3月8日(日)10:00〜18:00
東京ビックサイト 東1ホール

ブースナンバーはF−018です!
******************************************************

入り口近いです。
トイレの前です。
トイレのついでに寄ってください。
作品はおいといて、世間話でも。







posted by moritayasuhero at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

ゆく年くる年

2008年を振り返り、
今年は、初の個展に始まり、GEISAIの2回出展、KFSの2作品入賞と
慌しくも少しずつステップアップできた年だったのではないか、と思います。
そのたびに出会いがあり、支えてもらって、感謝しないではいられませんでした。
心からお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

1年前の今と比べたら、たぶん成長してるんだろうな。いや、単に年をとったというのか。

2009年、倦まず弛まず自分に磨きをかけて行きたいと思います。

合掌
posted by moritayasuhero at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

本日2度目

部屋の片付けも第1幕が終わり、(注:「完」ではない・・・アセ)
夏からずっと頼まれていたトートバックの絵付けも第1幕が終わり、(注:「完」ではない・・・アセ)
さあ寝るか、と思ったところ、ふと思い出した。
やっぱりこれを書いておかなければ年を越せない。
そしてまたパソコンの電源を入れる。

グーグルとウェブ2.0のことだ。

いまさら遅い、という声が聞こえてきそうだが、でも遅くても驚いたのは間違いない。

ここ何回かブログで佐藤可士和さんのデザインペディアの話題に触れてきたが、
その本の中で紹介されていた本。

うまく言えないんだけど。

・グーグルはネット社会の特徴を捉えて、新しい広告ビジネスのモデルを構築している。
・それによって既存のビジネスが破壊される。
・そればかりでなく、徹底的な情報の統合をすることで、巨大な権力を得ようとしている。
・自分たちが使っている検索エンジンも、貴重な情報源として、逆に使われている。
・ブログによる総表現社会は既存のメディア権力の構造を破壊する。

確かに。

これはフラットな社会の有り様そのものだと思う。
多視点の世界、価値観の多様化、それらが横並びに存在するフラットな世界。
そう思うと、またもやポストモダンについての思考に興味がうつる。

とはいえ、ネットの世界をもっと知っておかないと、気づいたら取り返しのつかないことになるんじゃないかと思った。
それくらい、社会の構造って大変革している時期なんだろうと思う。

かといってIT雑誌を読むわけでなく、今までと変わらない生活を送っているわけですが・・。

年の瀬に、かけこみ書き込み、でした!
posted by moritayasuhero at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年の瀬

ブログの更新が、月に1〜2回というのもどうなんだろう?
もうすぐ2008年も終ってしまう。気軽に書いてみようと思う。

最近は、年賀状を制作していた。
毎年、シンプルに行こうと思いつつ、時間だけはやけにかかってしまう。
数ミリの位置を動かしたり戻したり、端から見たら変わらないやん、
みたいな作業をしている。時間かかりすぎ。
でも、ウシの絵は2〜3分しかかかっていない。
お気に入りのウシ文字(勝手に名づけた)で新年賀正と描いた。

ところで、ロシア・アバンギャルド展というのを見に行った。
佐藤可士和デザインペディアで、ロシア・アバンギャルドは良いぞ〜と書いてあったので、
気になっていた展覧会。
ロシア・アバンギャルドとは19世紀末から20世紀初頭のロシアで起こった
芸術文化活動の総称のことで、特に美術で言えば、過去の伝統を断ち切った新しい様式を目指していた。(byウィキ)
佐藤氏は特にロシア構成主義に着目している。
ロシア構成主義とは、ロシア・アバンギャルドの一種で、シュプレマティズム(禁欲的な抽象表現)的なデザインや、モンタージュなどの手法が特徴的な表現をいう。
要するに、極限まで切り詰めた表現であったり、造形の強いデザインであり、そういうのはデザインとして学ぶところが大いに有る、ということのようだ。

しかし、このロシア・アバンギャルド展、そういうデザイン的な作品は少ない。
いやいや、ペインティングにあっても、新しい様式を試みたキュビズム的な表現は大いに見て取れる斬新な作品が多くありました。

カタログ欲しかったけど我慢した。

そして、ピカソとクレーの生きた時代展。

ピカソは、難解だと思われることが多いけど、
タイトルを見ると、とても分かりやすいと思う。
分かりやすすぎて、表現が解体されすぎている気がして危険
な感じがする。(←良くわからないが・・・)

そして、やっぱり気になるカンディンスキー。
カンディンスキーの絵は、一見でたらめに見えるが、実は何度も草稿が重ねられているらしい。

そしてパウル・クレー。
小さい作品が価値をもつというのはスゴイことだ。とてもきれいな色彩が見るものを幻惑させる。

一番気に入ったのが、ジョルジュ・ブラックの作品。
(画像は、アートオブポスターさんより拝借)

braque29.jpeg

押しなべてブラックの作品には、画面の隅々まで無駄が無くて引き締まっている、と
常々思う。

カタログ、やっぱり我慢した。

どちらも良い展覧会だった。




posted by moritayasuhero at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

佐藤可士和デザインペディア

短い文章と、ビジュアルと・・・
デザイナーの視点でまとめられたエッセイ的な本。

ところが意外に新しい発見や知らないことが載っていて、
デザイン教育を受けていない人間としてはとても勉強になりました。

この本を読んで、web2.0とか興味持った。
グーグルとか、何気なく使ってたけど、すごいんだねー。
今頃知ったのがお恥ずかしい限りです。

そしてシャーピーの油性ペンやモレスキンのノート、
ラミーのボールペン(これはまだ探している・・)、、
著者愛用の文具も気になって、チェックしまくりなのでした。

多少、知っている話題もあったものの、著者の視点と新たな情報が相まって、毎日一話題ずつ読むのが愉しみで、
かつ、また読み返したくなる本でした。
posted by moritayasuhero at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

エンジン01「人間動物園へ行こう!」

著名な文化人の方々がやってきて、オープンカレッジのような講座を受講することができる、という。
毎年、全国のどこかの地方都市を廻っているようです。
そして、2008年はナゴヤなのでした。

DSCF1499-2.JPG

受講した講座は2つ。
「デラゴージャスなエコデザイン」と、ワークショップ「ヌード写真を撮ろう!」

エコデザインの方は、6人くらいのパネリストがやってきて、
エコで、かつゴージャスなデザインというものを語ってくれた。

エコ・ゴージャスのコンセプトからいうと、
太陽光を使った発電でライトアップをする石川幹子さんの照明デザインはぴったり合っている気がした。昼間の太陽光を電気に変えて蓄電し、それを夜の灯りに使うというもの。

それから電気自動車を開発している慶応大学の清水浩教授のプレゼンは論理的で説得力があった。何でも、化石燃料からガソリンにするのに比べたら、化石燃料から電気に変えるほうが、エネルギー効率が良いそうだ。ガソリンは元の燃料の8%になってしまうに対し、電気は35%に留められるらしい。今の車はガソリンを燃料にして動かすために都合の良いカタチにデザインされているが、これが電気になると、
車のカタチそのものを劇的に変える可能性があるそうだ。
まさに未来の自動車のようだった。

そして山本寛斎さんのエネルギッシュなトーク。
日本人は良いものを持っているのに元気がない、とか、
刺激を受けたら即実行しろ、とか、美しいものを如何に身の回りにあふれさせるか(しかも安く)、とか
大変刺激的な話だった。寛斎さんの存在そのものがエコゴージャスな気がする。

そして次は、ヌード撮影。
写真は好きで、スケッチ的に写真を撮ることが多いが、
ヌードを撮るのは初。(ヌードを描いたことはあるが)
パネリストの先生もさることながら、ヌードということで緊張ぎみ。
しかし、スタートすると、総勢100人くらいの受講生がモデルに群がる一種異様な光景。
取った写真は、お気に入りの1枚をその場でプリントアウトしてすぐに講評するという段取りだが、
自分のデジカメはXDカードのため、cannonのプリンターでは媒体が使えないということで、
やむなく講評には参加できず。
講評の結果が欲しいわけではないけど、その土俵に立てなかったということに、(せっかくきたのに)残念な気持ちがした。
そいうわけで、ここで発表します!(笑)

DSCF1484-2.JPG

それにしても、
大勢の中でモデルに向かって写真をとること、
一流のモデルさんをとること、
勉強になった気がしました。
撮ったあとは、どっと疲れが出ました。

浅葉先生とわたせ先生にお会いできたことも良かった!
追っかけになりつつあるような気もするが・・・

posted by moritayasuhero at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

衝撃だったヘルマン・ニッチェ

10月18日〜19日KFS授賞式のため東京へ。

横浜トリエンナーレの続きを見に、新港ピア。
前回、郵船海岸通倉庫からみたのだか、その時一番最初の作品が、ヘルマン・ニッチュというウィーンの作家。
動物の解体シーンや血を使った過激な儀式的パフォーマンスを使った映像とインスタレーションの作品で、
(たびたび裁判沙汰になったり、投獄されたりしたようだ)、めちゃくちゃ衝撃的だった。
他にもニキル・チョプラ、ジョーン・ジョナスの作品が良いと思った。
それらの衝撃に慣れてしまったのか、今回は、すんなりと作品に向かうことができた。
良いものも沢山あったけど、メモをとるのを忘れたので、だれが誰だか良くわからない。

銀座のガーディアンガーデンでは、ひとつぼ展受賞者のポストカードオークション。
グラフィック部門だと思っていたら写真部門。
このサイズでの写真を見るというのは、判断が困った。
その近くの、銀座芸術研究所でやっていた「坂本友由展」は、木製パネルにアクリルで、
ガーリーな世界を描いていた。このガーリーというのは、現代的な感じで受けていると思う。
日動画廊で様々な作家の小品を拝見し、ギャルリーためながで偶然にもジャンセン展を見る。
バレリーナの線描がエゴンシーレを思わせる。
ギンザグラフィックギャラリーで原研哉の「白」展を見た。

大琳派展では、俵屋宗達から尾形光琳に始まって、やっぱり酒井抱一、鈴木其一が良い。
色あせない屏風ものもあって、まさに絢爛豪華であった。

posted by moritayasuhero at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

秋というのは早すぎる、夏というには遅すぎる

Tシャツと短パンのスタイルが最高にラクなので、
そのままボストン美術館へモネ展に行った。

実は、先週GEISAIに行って、
横浜トリエンナーレで現代美術を見てから、ちょっとはまっていて、
インスタレーションとか訳の分からない映像とか、
そういう難解な現代美術が面白いと思っているところだったので、
正直、印象派の絵は古い感じがして、気持ちを切り替え無くては行けなかった。

中に入るとクーラーが効いていて寒い!
気もそぞろに鑑賞していると、朝もやに映った川面の景色の作品に遭遇。
最近思うんだけど、やっぱりこういう出会いというのが良いんだろうと思う。
たくさんある作品を1枚1枚覚えておくことはできないけど、
自分のフィーリングにマッチするお気に入りの作品に出会う、
とすれば、その展覧会には行った甲斐があるというものだ。
モネ最高!
そして感じたのは、浮遊感、宇宙感。
結局現代のイラストは、こういう印象派から逃れられていないんじゃないか、とさえ思う。
セザンヌ、モネ、ピカソ、ウォーホル、そのヴァージョンアップという感じ。

(そうそう、セザンヌの絵も飾ってあったんだけど、
セザンヌはやっぱりぶっ飛んでいると思った。)


続いて新生プリズムを訪問。
名古屋のギャラリーで、安西水丸とか、横尾忠則とか
ビッグネームの作品を見ることができるというのは、本当に良い。

夜は合気道。
たったの1週間ぶりで、気後れ気味。
何事も継続こそ力なり、である。

これから絵を描こう!


posted by moritayasuhero at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

GEISAIお礼

GEISAI#11、終りました。
自分のブースに来てくださった方、ポストカードを買っていただいた方、
お話してくださった方、
そのほか皆々様、本当にありがとうございました。

今回は特に目標を定めていなかったけど、
とても考えさせられるGEISAIとなりました。
絵を書くこと、GEISAIに出すこと、アートについて・・・
んー、いやいや、それほど考えさせられたというわけでも無いんですが(笑)・・・

みなさんにお会いできて良かったです。



考えたことは、順次、ブログで書いていけたらと思っています。

とりいそぎ。



posted by moritayasuhero at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

GEISAI#!!

大事な告知を忘れていた!
そうだった、自分はGEISAI#11に出展するのだった!!
(汗)

14日(日)東京ビッグサイトです。
http://www.geisai.net/g11/

とりあえず、現在のベスト、ではなくて、現在の普通の状態で仕上がりました。
でも、それがベストなんだろうな、と思う。
満足していないし、後悔もあるし、欲もある。そして不安もある。
だけど、充分にGEISAIを楽しみたい、と思います。

気軽に話しかけてください☆

では、会場で!


posted by moritayasuhero at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。