2010年09月07日

あいちトリエンナーレなど

あいちトリエンナーレが始まっています。
あまり具体的な興味はなかったけど、会場が分かれていることや、コストメリットを考えて、
衝動的にフリーパス券を買ってしまいました。

そんなわけで、とりあえず蔡 國強をじっくり見る。
火薬で作品を作っている様子がビデオで紹介されていた。
モデルの女性が泳ぐ姿と一緒に泳ぐ魚とをスケッチで写されていき、
その形をもとに火薬で絵を描く。
暴力的な作り方なのに、女性と魚のたゆたう感じが見事に転写されていたのでした。

それから良いと思ったのは登山博文さん。
こんだけでっかい絵って、どうやって描くんだろう?
こんな煎じ詰めたような絵画を描きたいものだ。

それからスペースプリズムで久保田珠美さん。
カラフルなフィギュアは、あっという間に見る人を惹き付けて虜にしてしまうのでした。
作者も同じ感じです。

それから、NODA CONTEMPORARYでしりあがり寿のぞんざいな王国。
この人は、本当にスゴイ。
最近、遅ればせながら弥次喜多indeepとかを読んだんだけど、
まさに天才と思いました。
ちっこいおっさん達の作品おかわいかったけど、水墨インスタレーションすばらしい。
映像作品は思わず顔がにやけてしまうユニークな作品。

ってな訳で、アートな秋めざして行きまっせ。
posted by moritayasuhero at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161848328

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。