2010年01月25日

中島英樹 文字とデザイン

名前と作風を何となく理解していても、具体的には分かっていなかった中島英樹さん。
今回、この本で、あーこれもか、と再認識をすることになりました。

最近で一番分かりやすいところだと、講談社現代新書のリニューアル装丁。
杉浦康平さんのデザインが染み付いていたので始めは違和感があったものの、
今ではすっかり定着している。
シンプルで新鮮な飽きのこないデザインだと思う。
フォントが微妙にまろやかにしてあるそうだ。

しかし本当にスゴいのは英文字を使ったデザインで、完全に自分の想像範疇を越えた作品ばかりでした。

そして思ったのは自分の感覚を大事にすること。
パソコンが発達したデザインというと、細かい計測や計算法則で
成立させている気がしていたが、どうもそうばかりではないらしい。

posted by moritayasuhero at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139334537

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。