2009年06月28日

忘れないうちに、ゴーギャン

このさい、一気にほかの展覧会も書いておこうと思う。

ゴーギャン。
我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか。

・・・タイトル長い。


まえに、印象派の夕日(モネ)の作品を見に行ったときもそうだったけど、
この、目玉作品に対するディスプレイの仰々しさ、
つい、ありがたく何度も見てしまう。
要するに、一つの作品に対して、少し距離を置いたところに、ちょっと高めの位置にテラスが設けられているのだ。

なんじゃ、これのテラスは、と思うが、ありがたくテラスから拝見させてもらった。

気になったのは、照明の当たり具合。
微妙に当たりむらがあったような気がする。
この作品、明度を変えて光と影を感じるありがたい雰囲気がかもし出されているんだけど、
照明の当たり具合によって、その光と影が微妙に変わってしまうんじゃないか、という神経質な取り越し苦労をしてしまった。

タヒチの楽園と女性あふれる南国の作品をたくさん見たい、と思って
会場に行ったが、そういう作品は少なかった。

同時に開催されていた、ノリタケデザイン100年の歴史、では、
食器がこんなにもきれいなのか、と新発見するとともに、
植物のデザインって、できるようで難しいんだよなー、と
再認識させられた。

posted by moritayasuhero at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122436119

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。