2008年09月12日

山水画と絵画論

ケネスクラークの絵画論を読み始めたら、訳文の直訳度に度肝を抜いて挫折中。
前から気になっていた松岡正剛さんの「山水思想」を読み始めたら、新たな発見に度肝をぬきつつ、
読書をしていると作品を作るのに集中できない、ということで挫折中。
新聞の書評で見つけた「ゼロ年代の想像力」(宇野常寛)を書店で買い求め、意外に読みやすいと思ったけど、
「絵画論」も「山水思想」も途中だったのを思い出して、ストップした。

 そのまま夏が終ってしまったので、読書感想文は秋の終わりごろになりそうである。
posted by moritayasuhero at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。