2008年07月26日

フラットな世界

ポストモダンと美術といえば、気になるもう一つの言葉。
スーパーフラット。

2000年ごろから村上隆が始動したプロジェクト。たぶん、今も継続中、というか、
その流れの中にいるような気がします。

スパーフラットとは、日本の伝統美術から現代のアニメ文化までに通低する
平面性の特徴を説明した概念で、アーティスト村上隆が提唱して話題になった言葉。

平板で、奥行きがなく、遠近法的な知覚を拒むなど
2次元的な造形のことを指しているばかりでなく、
ヒエラルキーが解体された社会的・文化的構造まで説明できるということで、
現代思想の分野でも取り上げられたりしています。

自分も漫画やアニメで育った世代なので、身体感覚としてよく分かります。

ところで漫画を真似して描いていた中学や高校の時、
人物のクロッキーをどうやってデフォルメすると、こんなにアニメチックになるんだろう、
と不思議に思ったことがあります。
結局、漫画のキャラクターや動きなどは、クロッキーからは遠くかけ離れてしまった図柄を
アイコン(記号)として、読み取っているに過ぎないんだと思います。
効果線、吹き出し、擬音など、漫画には記号が溢れ返っています。

そして白黒の線画というのは、日本の伝統美術の流れを辿っても、
おそらく得意分野なのだろう、と思います。
それは西洋美術の光と影をとらえた造形美とは違う種類の美なのかもしれません。

気候や風土、身体の違いが美術に影響を与えているんだと思いますが…。
(特に、顔や身体の違い!。彫りの深い顔を表現するには、光と影しかない!?)

ちなみに、「フラット化する世界」という本があって
(まだ読んでいませんが)
それは、個々人がネットで繋がっている現代社会の状況を説明し、どうしたらいいか、ということが書かれているようです。

一読あれ!
そして内容を教えてください^^




posted by moritayasuhero at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103647752

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。